中田典光活動記録

最新のお知らせ


2013年7月8日 : OJ年次大会@ベルサール飯田橋ファースト
下記項の都民フォーラムと平行して、OJの年次大会が行われましたので内容を記載します。

シンポジウム1「インプラント周囲炎の科学と臨床」が行われた。まず和泉雄一氏(医歯大)が登壇。インプラント周囲炎の細菌学的考察を披露し、インプラント埋入前の口腔細菌叢が埋入後の周囲炎をも左右するとした。次に水上哲也氏(福岡県開業)がインプラント周囲炎を予防的な観点から検討し、ペリオ傾向のある患者の臼歯部では縁上マージンにし清掃性を重視すべきと主張した。続く山本敦彦氏(大阪府開業)、吉野敏明氏(神奈川県開業)は、それぞれインプラント周囲炎に対してEr:YAGレーザーを用いた治療法について概説した。歯周病に対する知識や治療経験も必要であることが強調された。
 

シンポジウム2「インプラント補綴永続のために」では、海外演者としてRoy T. Yanase氏(OSCSCファウンダー)、Clark M. Stanford氏(アイオワ大)が講演した。Yanase氏は自身の症例を多く供覧しながら、合併症をどのように防ぐかについてに熱弁をふるった。Stanford氏は予知性のある審美補綴を主題にしつつ、前日のテーマであるインプラント周囲炎について補綴的観点からの予防方法にも言及した。


午後は小濱忠一氏(福島県開業)と本多正明氏(大阪府開業)が講演。小濱氏は長期的な観点からインプラント特有のリスクファクターを解明、考察し、審美・機能性維持に必要なテクニックや最新機器について話した。本多氏は臼歯咬合面形態と咬合干渉に焦点を当てた。咬頭嵌合位の安定性について、アンテリアガイダンスとバーティカルストップを関連付けながら検討した。

OJの年次大会会場前

OJの年次大会会場風景

非常に有意義な大会であった。
2013年7月1日 : 都民フォーラム@ベルサール飯田橋ファースト
7月にOJ年次大会という勉強会に参加して参りました。OJとは、Osseointegration Study Club of Japanの略で、日本最大の歯科インプラント スタディーグループで、611名の臨床医が所属するインプラント治療のスタディクラブ。いまや歯科治療の主流を占めるインプラントについて医師同士が情報交換をして、知識と臨床の質を高めることを目的に2002年に設立したグループです。


この度は、一般市民にインプラント治療のメリットとリスクを伝え、納得した治療を受けるために必要な情報発信を行うため、「第1回 都民フォーラム」を開催しました。テーマは『知ろう!学ぼう!歯科インプラント治療~歯科医師とともに考える口腔ケア~』で、具体的には、以下4つの内容でした。


・臨床データに基づく歯科インプラント治療の安全性・有効性と注意点 
・健康長寿とインプラント治療
・パネルディスカッション「入れ歯とインプラント治療」
・今後、より納得した歯科インプラント治療を選択するには何が必要か?



インプラント治療は現在多くの歯科医療機関で行われているが、トラブルも取り沙汰されています。そうしたトラブルから見えてきたのは、臨床医と一般市民の認識のちがい。OJは患者が納得して治療を受けるには、インプラントのメリットとリスクを広く伝えていくことが必要と考え、今回のフォーラムを企画された。


結果的に、50名を超す一般聴講者を集めることができ、インプラントについて一般市民の方に知ってもらうことができたことは大変喜ばしいことでありました。

OJ年次大会会場風景

2013年6月30日 : ケンテック社 インプラントセミナー@金沢
石川県金沢市 浅野歯科産業にて、ケンテック社のインプラントセミナー講演「なぜアルファタイトインプラントを選択したか」を行いました。

ケンテック社のインプラントセミナー講演会場入り口

セミナーでは、インプラントの特徴とインプラント周囲炎や管理の仕方、新しいコンピューターガイドシステムより安全に確実に行う為のテクニックについて講演しました。

東山ひがし

帰りの飛行機まで、少し時間があったので、北陸の小京都 ”東山ひがし” へ立ち寄ってみました。
2013年6月30日 : MicroPerio講習in台湾
私の顕微鏡歯科の師匠、鈴木真名先生のマイクロスコープのコースがありました。
私は、インストラクターとして、受講生の先生方へ、手術の細かいアドバイスを行いました。昨年はロシアからの先生を受講生に迎え、今年は台湾から十数名の先生方を迎えました。

指導風景

内容は、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いたプラスチックサージェリー(歯周形成外科)で、歯槽堤増大術(抜いた歯の歯茎の高さや幅を増やす手術)結合組織移植術(歯茎が減った根の部分を覆う手術)歯間乳頭形成術(歯の間の歯茎を作る手術)などが、コースの内容でした。台湾のPeng先生を中心としたグループの歯科医師の参加で、今秋11月に合同で講演会を日本で行うことになりました。

指導風景

集合写真
2013年6月29日 : 五箇小学校保健委員会の皆さまにお伝えしたこと
・虫歯と生活習慣(食生活)
歯が溶ける原因は2つ。
① ムシ歯 ② 酸蝕症 がある。どちらも 口の中が酸性に傾く事で 歯が溶ける。

ポカ○スエット
特に清涼飲料水 健康を唱っていても、歯には良くない健康ドリンクもある。

たとえば、ポカ○スエット。
砂糖がこんなに入っているのご存知でしたか?



・お口のけが
歯をぶつけたり、ケガをしたときの対応を伝えた。とれた歯は、牛乳かお口の中で保管し、歯医者さんへ、すぐに行く。


上記について学校の先生方にお話をしました。